読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦国あれこれ

戦国探索

競馬

週の注目馬▼
桜花賞(G1)他重賞の注目馬+注目ポイント
◆4月10日(日)
阪神競馬場
桜花賞(G1)

●メジャーエンブレム

2歳女王が牝馬クラシックの最初の1冠を狙う。前走のデイリー杯クイーンCでは、好スタートから主導権を握り、最後まで影をも踏まさずの5馬身差の圧勝。タイム的にも申し分ないもので最初の1冠にもっとも近い馬である事は間違いない。

●シンハライト

前走のチューリップ賞ではジュエラーとのマッチレースをハナ差で凌ぎ優勝。世代屈指の末脚は父ディープインパクトの遺伝子を感じる。桜花賞ではディープインパクト産駒の好走が目立ち、血統面、能力面から見ても打倒メジャーエンブレムは十分に可能とみる。

●ジュエラー

シンザン記念チューリップ賞では惜敗の2着。どちらもハナ差での敗戦を考えればその内容は勝利に等しいとみる。出走してきた全てのレースで上がり最速を記録している事を考えても、この馬が有力上位2頭を差し切る可能性は十分に有り得る。

                                      • -

◆4月9日(土)
阪神競馬場
阪神牝馬S(G2)

●ミッキークイーン

昨年はオークス秋華賞を制した2冠牝馬がここから始動。前走のジャパンCでは8着に終わったが、タイム的には0.3秒差。今回は大幅な距離短縮となるが、過去の実績からみても守備範囲でここでも勝ち負け筆頭。

ストレイトガール

引退を予定していたが、ヴィクトリアマイル連覇に向けて現役続行となったこの馬も中心の1頭。香港遠征後のレースとはなるが順調に乗り込めており、能力的には確実に上位。ここでも勝ち負けを狙う。

スマートレイアー

これまでの差しスタイルから先行逃げ切りの競馬で東京新聞杯を制したレースでは新味を見せた。脚質の幅が広がり得意の阪神コースでのレースとなれば俄然、この馬にも十分にチャンスありとみる。

                                      • -

◆4月9日(土)
中山競馬場
ニュージーランドT(G2)

●アストラエンブレム

フローラウォーク賞を逃げ切った内容は着差以上に強い内容での勝利。昨年のサウジアラビアRCでは3着、シンザン記念では4着と力のあるところはみせており、叩き3走目の今回は重賞タイトルを狙えるチャンス。

●レインボーライン

アーリントンCで重賞初制覇を決めたこの馬も要注目。異母姉には10年のローズS制覇、秋華賞2着のアニメイトバイオがおり血統的にも魅力十分。坂のある阪神コースは得意で中山コースも適応可能とみて好走期待。

●ダンツプリウス

アーリントンCではハナ差の敗戦を喫したが、その能力の高さを改めて見せつける結果となった。この舞台はジュニアCを制した舞台でもあり、得意のこのコースで一発の期待も十分に有り得る。

                                      • -