読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦国あれこれ

戦国探索

中田

日本ハム中田2打席連発、自己最多29号
[2015年9月6日12時24分 紙面から]
小中大
6回表日本ハム1死、中田はこの試合2本目となる左越え本塁打を放つ
+ 拡大する
オリックス0-7日本ハム>◇5日◇ほっともっと神戸

 2打席連発で自己最多を更新だ。日本ハム中田翔内野手(26)が、オリックス20回戦で4回に28号の先制2ラン、6回には自己最多の29号ソロ本塁打を左中間席にたたき込んだ。今季3度目の複数本塁打で、自身初の30号に王手。6回の本塁打は近藤、レアードとの球団3年ぶりの3者連続アーチを誘い、チーム今季最多4本塁打で快勝。オリックス戦のシーズン勝ち越しを決めた。

 ゆっくりと帰りのバスへ歩を進めた。中田は8月28日ソフトバンク戦で痛めた右足首に加え、左膝上部にもアイシングを巻いていた。「クソ痛い」。7回の第4打席で左膝上部に自打球。苦痛に耐え、四球を選ぶと代走が送られた。ベンチへ引き揚げる主砲に、敵地ながら拍手が起きた。4番の仕事を果たした証拠だった。予期せぬアクシデントで途中交代も、今季3度目の1試合2本塁打。5回終了時の打ち上げ花火に負けない、神戸の夜を彩るインパクト十分のアーチショーだった。